CCIS Customs Clearance
Information System
  通関情報提供システム


CCISに関するよくあるご質問
  • システム全般
  • 手続き・料金関連
  • CCISデータ仕様関連
  • トラブル関連
  • その他



  • <システム全般>
    前の項目 次の項目
    項番 質問 回答
    1 CCISを利用すると、どのようなデータを受け取ることができるのですか? 通関情報処理センターが運営するNACCSを利用して通関手続きがなされた、輸出入申告許可データを提供しています。
    詳細についてはこちらを参照ください。
    2 データはどのように受信するのですか? インターネットもしくはダイヤルアップ接続によりアクセスし、自社の輸出入許可承認データをダウンロードすることができます。
    3 どのような業務に利用できますか? 関税・消費税などの包括延納事務、担保枠管理事務、仕入控除事務、事後調査への活用、輸出入申告把握、各種統計の作成などに活用することができます。輸出入の事後処理が大幅に合理化され、事務コストの大幅削減に寄与することが期待されます。
    4 データを受信するために何を用意すればよいですか? パソコン、接続方式に応じた回線(インターネットもしくはダイヤルアップ)、および必要に応じてネットワーク機器を用意していただきます。回線については、ダイヤルアップ接続の場合はISDN回線に限ります。
    5 輸出のデータだけ受信したいのですが可能ですか? 可能です。同様に、輸入のみの受信も可能です。利用途中から受信するデータの種類を変更・追加・削減することもできます。
    6 航空のデータだけ受信したいのですが可能ですか? Air/Seaの選択はできません。NACCSに対して通関手続きを行ったデータは、Air/Seaの区別なく利用者様に送信されます。
    7 CCISについて、より詳細な内容を知りたいのですが? 日本通関業連合会までご連絡いただければ、詳細をご説明申し上げます。また、ご希望があれば日時を調整してご説明に伺うことも可能です。
    8 利用申込をすると、過去のデータも取得できるのでしょうか? 利用開始時点からNACCSからデータが受信されますので、過去のデータは取得することができません。
    9 自社内の一部の部門のデータのみ受信したいのですが、可能ですか? CCISのデータは輸出入者コード単位で提供しますので、一部の部門のみの提供はできません。
    10 データサンプルをCSV形式で提供していただきたいのですが、可能ですか? CSV形式での提供はしておりません。実際の電文形式(タブ区切り)であれば、サンプルを提供することができます。
    11 データの活用例を教えていただきたいのですが、実際の利用サンプルのようなものはないでしょうか? 提供項目を一覧化したサンプル表があります。ご希望の方は日本通関業連合会までご連絡ください。

    <手続き・料金関連>
    前の項目 次の項目
    項番 質問 回答
    1 サービスは有償ですか? 初回の申込金と、月額利用料金が必要です。利用料金についてはこちらをご参照ください。
    2 月額利用料金は定額ですか? 前年の輸出入申告許可データ件数に応じて、月額料金が決定します。月額料金は毎年4月に見直しを行います。1年間は料金が変更になることはございません。
    3 前年の輸出入許可データ件数がわからない場合、初年度の利用料金がどのように決定されるのですか? 当連合会と利用者様にて協議して決定します。
    4 利用料金はいつ支払えばよいのですか? 申込金は申込みと同時に、月額利用料金は月初に請求します。月額利用料金については、請求翌月の20日までに指定の口座にお振り込みいただきます。
    5 利用申込をしたいのですが、どのような書類が必要となりますか? 利用申込書、および同意書が必要となります。
    申込関係の用紙は、こちらからダウンロードできます。
    利用申込書 同意書 
    6 同意書がなぜ必要なのですか? 当連合会が、輸出入申告許可データを利用者様に代わってNACCSから取得して、配信することに同意していただく必要があるためです。
    7 接続方式を変更する場合、別途費用が発生しますか? 利用者様側における必要機器・回線の準備を除いて、当連合会に支払うべき費用は発生しません。
    8 受信データ種別を追加する場合、別途費用が発生しますか? 輸出(輸入)データを追加で受信する場合は、輸出(輸入)データについての月額利用料金が追加となります。
    9 正式利用前に、試験接続をすることは可能ですか? 実利用開始の前月より、試験接続およびデータの試験送信を行えます。試験接続期間中は、課金対象とはなりません。
    10 試験接続について、実利用開始の前月よりも早い段階で行いたいのですが、可能ですか? 原則として前月よりとしますが、ご要望があれば当連合会までご連絡ください。
    11 試験接続を、本番利用とは別の回線から行うことは可能でしょうか? ダイヤルアップ接続の場合、電話番号による認証も行っておりますため、異なる回線では使用できません。
    インターネット接続の場合は、クライアント証明書をインストールしていただければ、本番利用とは別のマシンからでも接続することができます。
    12 実利用開始した後に試験接続を行いたい場合、本番環境ではなく試験環境に接続することは可能でしょうか? CCISの試験環境はありませんので、本番環境に接続していただくことになります。
    13 複数社のデータをまとめて取得する場合は、1社として扱っていただけないでしょうか? 同一時期の申込みで、この内の1社がまとめてデータ取得する場合に限り、全体で1社として扱います。その後の時期が異なる追加の申込みの場合は、個別に相談させていただきます。

    <CCISデータ仕様関連>
    前の項目 次の項目
    項番 質問 回答
    1 IS(蔵入申告)を行った後、ISW(蔵出輸入申告)を行った場合、どちらのタイミングでCCISデータは配信されるのでしょうか? ISの申告が許可された時点で1度配信されます。その後、ISWの申告が許可された時点で、再度CCISデータとして配信されます。
    なお、蔵入の際と蔵出の際の輸入申告番号はそれぞれ異なります。
    2 消費税および地方消費税の税額情報は、どの項目に反映されるのでしょうか? 内国消費税科目1~6にセットされている税種別に対応する金額が、内国消費税額合計1~6にセットされます。
    消費税の種別は「F」、地方消費税の種別は「A」ですので、仮に「内国消費税科目1」に「F」、「内国消費税科目2」に「A」がセットされていた場合は、消費税額は「内国消費税額合計1」、地方消費税は「内国消費税額合計2」にセットされています。
    3 「申告欄数」と「情報提供欄数」の違いはなんでしょうか? 「申告欄数」は、その申告データの総欄数を表します。全銀接続利用者様の場合、データの最大バイト長が7998バイトとなっておりますので、「情報提供欄数」には7998バイトに収まる範囲の欄数が設定されます。
    なお、PC/インターネット接続利用者様については、バイト長に制限を設けておりませんので、「申告欄数」と「情報提供欄数」には同じ値がセットされることになります。
    4 欄数が最大の輸出入共に50欄を超えた場合のデータ構成はどのようになりますでしょうか? NACCSの仕様上、1申告あたりの最大欄数は輸出入共に50欄と決まっております。CCISのデータはNACCSのデータをそのまま提供しておりますため、輸出入共に50欄を超えるデータが配信されることはありません。
    5 AWB番号の一部にアルファベットが含まれる場合、およびスペースが含まれる場合、CCISデータにはそのまま反映されるのでしょうか? NACCS申告時に設定された値がそのまま提供されますので、アルファベットが含まれていれば反映されます。ただし、NACCS上はAWB番号の前/途中にスペースを設定することはできず、また後ろに設定されたスペースはCCISに提供される際にスペース詰めされるため、AWB番号にスペースが設定されることはありません。
    6 ヘッダレコードの項目「データ日付」には、いつの日付が入るのでしょうか? 当該申告データが許可された「輸入(輸出)許可日」がセットされます。
    7 輸入許可年月日に「00000000」がセットされる場合があるのはなぜでしょうか? BP承認データの場合は、許可年月日に「00000000」がセットされます。
    8 欄統合とは、どのような場合に行われるのでしょうか? 異なる欄に入力された同じ品目について、それらを合算して税額計算をするために、欄統合が行われます。欄統合は、決められた条件に基づいてNACCSにて自動的に行われます。その条件判定についての詳細は、以下のリンクよりNACCSの業務仕様書をご参照ください。

    業務仕様書
    IDA業務概要 5-(17)統合処理
    9 データフォーマット中に、「欄統合後の値がセットされる」と記載がある項目について、どのようにデータがセットされるのでしょうか? 全4欄からなるデータを例とすると、1欄目に欄統合をした場合は、1欄目の「統合後の値がセットされる」と記載のある項目に、4欄分の数値を合計した値がセットされます。2~4欄目の同項目には、欄統合前の値がセットされます。
    10 簡易申告を行った場合のデータフォーマットは、どれが提供されるのでしょうか? 引取申告と納税申告について、各々分けて行われる場合と同時に行われる場合があります。

    ①分けて行われる場合
    引取申告を行った時は、申告種別「KC1」(輸入(引取)申告)となり、その後納税申告を行った時は申告種別「KC3」(特例申告)となります。この場合、CCISからはそれぞれ別データとして提供され、KC1は輸入(引取)申告、KC3は特例申告のフォーマットが適用されます。

    ②同時に行われる場合
    CCISからは申告種別「KC2」(輸入(引取)申告(特例申告自動受理))のデータが1件提供されます。この場合は、特例申告のフォーマットが適用されます。
    11 通関情報提供システムのマニュアルには納税支払区分のコードの内容等欄に「IDA業務仕様書」を参照と記載されています。NACCS掲示板の業務仕様書を見ましたが、該当箇所が分かりません。 業務仕様書内の「納期限延長コードの入力方法について」に記載されております。以下のリンクよりNACCSの業務仕様書をご参照ください。

    業務仕様書
    IDA業務概要 7-(1)納期限延長コードの入力方法について
    12 輸入修正申告や輸出許可後訂正のデータはどのように提供されるのでしょうか? 輸入修正申告に関するデータは提供されません。
    輸出許可後訂正の場合は、該当の申告がNACCSで許可日付によりCCISから提供されるデータが変わります。
    詳細についてはこちらを参照ください。

    <トラブル関連>
    前の項目 次の項目
    項番 質問 回答
    1 CCISに接続ができないので、設定を確認してもらうことは可能ですか? 訪問しての対応はいたしかねます。当連合会にて利用者様側の状況を確認し、対応方法をお知らせします。
    2 各社に割り当てられたデータ取得時間内にデータ取得できなかった場合、どのようにすればよろしいでしょうか? 指定時間帯にデータ取得し損ねた場合は、アクセスフリー時間帯にデータ取得が可能です。アクセスフリー時間帯は以下の通りです。

    PC接続:12:00~18:00
    全銀接続:15:00~18:00

    また、翌日以降でも、世代が残っている限りは、指定時間帯にてデータ取得が可能となります。
    3 輸入マニフェスト通関申告データが、CCISデータとして配信されてきません。 輸入マニフェスト通関申告の場合は、輸入者コードが任意入力項目となっておりますため、通関業者が輸入者コードを入力しない場合は、CCIS対象外データとなります。
    通関業者に対して、輸入者コードを入力していただけるようにご依頼ください。
    4 内部エラー画面が表示されました。どのように対処すればよいですか? 内部エラーが発生した際は、日本通関業連合会までご連絡ください。また、エラー画面をPrintScreenにてキャプチャし、メールにて日本通関業連合会宛てに送付してください。
    5 ダイヤルアップ接続にて、データの取得ができません。 ①CCISのトップページが表示されない場合
     お使いのパソコンのダイヤルアップ設定を再確認してください。
    ②トップページは表示されるが業務ができない場合
     詳細な事象とエラーが表示されている場合はその画面キャプチャを、日本通関業連合会までご連絡ください。
    6 荷主REF No. と 荷主SECTIONコードがデータにセットされません。 申告時に、NACCS側記事欄に下記フォーマットにて入力していただくよう、通関業者にご依頼ください。

    記事欄内に"*"が無い場合や、フォーマットが異なる場合は、いずれの項目にも値はセットされません。

    《航空/海上》

    *荷主REFNo*荷主SECTIONコード*荷主自由記事欄*

    なお、荷主REFNo、荷主SECTIONコード、荷主自由記事欄のいずれかを空欄にしたい場合は、以下のように記事欄に記述してください。

    例:荷主REFNoを空欄とする場合
    **AAAAA*BBBBB*

    例:荷主SECTIONコードを空欄とする場合
    *12345**BBBBB*

    例:荷主自由記事欄を空欄とする場合
    *12345*AAAAA**


    <その他>
    前の項目 ページトップ
    項番 質問 回答
    1 PC接続にて取得したデータを、自社の汎用コンピュータに取り込む方法はありますか? 各利用者様において環境やデータの使い道に違いがあるため、データ取得後の活用方法は各利用者様にて開発していただくこととなります。
    2 CCISデータに係わる、コード表はどこで確認すればよいですか? NACCSが提供している、NACCS掲示板上の「業務コード集」にて確認できます。
    業務コード集(Air-NACCS、Sea-NACCS))
    NACCS掲示板にて確認できないものにつきましては、日本通関業連合会までお問い合わせ下さい。
    3 CCISのファイルをFTPで取得することは可能でしょうか? FTPでの取得は許可しておりません。
    4 データ保存期間は許可日から40ヶ月とのことですが、それ以前のデータを取得することはできますか? 許可日から40ヶ月を経過したデータは削除されますので、取得できません。取得されたデータは、利用者様にて責任をもって保管していただけますよう、お願いいたします。


    ※リンク先は変更される可能性があります。

    この他にCCISに関してご不明な点がございましたら、日本通関業連合会までご相談ください。
    日本通関業連合会 電話番号: 03-6206-1358 【CCIS専用】


    一般社団法人 日本通関業連合会